ネバーダイ!!

ガンにも負けない、ガーガン、マッカの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夢ならいいのに

病の宣告から1日、夢じゃない、重い現実だった。
気分は最悪だった。
癌って何だ?自分の中では、癌=死というイメージしか無かった。不治の病、それが癌だと思っていた。

後、何ヵ月生きれるのか?そう考えると恐怖だった。みんなには平然と装っていたけど、不安でどうしょうもなかった。

もう、人生終わった。
そんな気持ちでいっぱいだった。
もう、二度と歌えないんだ、もう結婚も出来ないんだ、色々やりたい事あったのに…
それは今までに無い、絶望感だった。


検査入院の為に入院した病院は、独協医科大学だった。ここの外科医でもある金先生は日本でも有数の名医らしい。
色々な病院を渡りあるき検査の結果、この病院で検査の手術をする事になった。内容は首を切って、中の細胞を取るという手術だった。その結果が癌だった。

癌である以上何かしかの治療が必要だ。

それは、手術、抗がん剤、放射線が日本の癌治療では一般的だろう。

しかし、いくら金先生が腕のいい医者だろうが、自分の腫瘍の場所は首で、しかも、脊髄を巻き込む形で出来ていたのだ。
さすがに、手術は無理だと言われた。

出来た場所も非常に珍しいうえに、日本にはあまり症例が無いらしく、治療が困難だと告げられた。

さらに絶望した。

そしてガンセンターへの転院が決まった。

続く…

スポンサーサイト
  1. 2009/02/11(水) 00:58:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ガンセンターへ | ホーム | あの日から… 過去 現在 未来>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mackapee.blog115.fc2.com/tb.php/10-71fa885b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。